膝痛 ロコモ ロコモティブ症候群 骨粗鬆症

骨粗鬆症

骨粗鬆症

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは骨の形成が吸収より下回り、骨に鬆(す)が入ったようになり、骨折を起こしやすくなった状態です。
背骨は曲がって前屈みになり、身長が低下します。
背骨の一つ一つの骨が潰れて変形を起こしてくるからです。この時は背中の痛みや腰の痛みを感じることがあります。
また、大腿骨近位部の骨折を起こしやすくなり、転んで股の付け根が痛くなり歩行できなくなります。多くは、手術が必要となります。
そのほか、骨盤の恥骨という部分が骨折を起こしたり、肋骨が折れたり、手首の橈骨という骨が折れたりしやすくなります。
閉経後の女性で多くなり、男性でも治療でステロイド剤を長期に使っている方や低体重の方は骨粗鬆症を発生しやすくなります。

かつては、骨粗鬆症は病気とは認識されていませんでした。年を取れば誰でも腰が曲がって背が低くなるのは当たり前と考えられてきました。しかし、実は、骨粗鬆症によって起こる骨折は寿命を縮めている事がわかってきました。
このことから、骨粗鬆症は治療すべき病気と認識されるようになってきたのです。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional